甲種・配給・工臨館

甲種輸送とは、車両を、貨物鉄道事業者の機関車の牽引で貨物列車扱いで輸送する形態です。 一方、配給列車とは、自社の車両を自社の機関車で牽引し輸送する形態です。 列車の外観上は、貨車・客車・機関車等を牽引する場合は通常の列車に見えることがありますが、電車・気動車等の場合は非日常の列車だと気が付くと思います。 それゆえ、鉄道ファンには人気の列車となっています。
甲種輸送や配給列車と同様に人気がある列車として、工事列車があります。 工事列車とは、線路の工事のために運転される列車で、近年は臨時列車として運行されるため、工臨と呼ばれています。 工臨は、工事現場までレールや資材を運搬する列車や、バラストを撒くための列車などがあります。
これらの列車は平日を中心とした運転が多いことが特徴です。 そんな事情もあり、サラリーマンである管理人は撮影する機会に恵まれませんでした。 しかし、令和の時代になると、撮影するチャンスに恵まれるようになりました。
ここでは、甲種輸送、配給列車(除JR貨物所有貨車の定期配給列車)、工事列車の他、試運転列車等管理人が特殊と思った列車を紹介します。


目次

1 甲種輸送
1−1総合車両製作所横浜事業所(旧東急車輛製造)入出場
1−1−1 東急電鉄目黒線用5080系 逗子から長津田へ甲種輸送(平成20年5月)
1−1−2 東急電鉄2020系 2147F 逗子から長津田へ甲種輸送(令和3年7月)
1−1−3 東急電鉄5080系 5182F 逗子から長津田へ甲種輸送(令和3年8月)
1−1−4 東急電鉄3000系 中間車6両 逗子から長津田へ甲種輸送(令和3年9月)
1−1−5 東急電鉄5080系 5186F 逗子から長津田へ甲種輸送(令和3年12月)
1−1−6 東急電鉄5080系 5189F 逗子から長津田へ甲種輸送(令和4年3月)
1−1−6 阿武隈急行AB900系AB-3編成 新車甲種輸送(令和4年1月)

1−2 伊豆急行2100系 (ロイヤルエクスプレス) 北海道へ甲種輸送(令和3年7月)
1−3 相模鉄道21000系 21101F 東急線直通運転に備えた車両貸し出し甲種輸送(令和3年)
1−4 相模鉄道10000系 10703F 甲種輸送(令和3年12月)

2 配給列車
2−1 配給列車アラカルト

2−2 宇都宮配給(令和3年)

2−3 横須賀線・総武快速線用 E235系 新車配給輸送

2−4 E217系 長野総合車両センターへ配給輸送
2−5 さようなら215系 青森へ旅立ち
2−6 SL・DL東北DC陸羽東線号用D51-498と12系配給輸送(令和3年)
2−7 小野上工臨に活躍したホキ800廃車回送
2−8 E257系 リニューアル工事に伴う配給輸送
2−9 相模線用 E131系500番台車 新車配給輸送
2−10 宇都宮線・日光線用 E131系600番台車 新車配給輸送
2−11 さようなら田端運転所のFE65
2−12 651系 勝田車両センター展示に伴う配給輸送(令和4年2月)

2−13 相模線で活躍した205系500番台車 配給輸送(令和4年)

2−14 651系1000番台車 郡山総合車両センターへ配給輸送(令和4年)

2−15 久留里線のキハE130-106 郡山総合車両センターに配給輸送

3 工事列車
3−1 水戸工臨
3−2 甲府工臨
3−3 高崎工臨と検測車E491系
3−4 越中島貨物線 DE10牽引レール輸送工事列車(令和2年)
3−5 EF65-501牽引 高崎操車場チキ工臨(令和3年2月)
3−6 東高島工臨と砕石列車8574レ
3−7 西金工臨

3−8 安房鴨川工臨(令和4年)

4 試運転列車
4−1 試運転列車アラカルト
4−2 E493系 常磐線で試運転(令和3年5月)