山口線 俯瞰撮影

山口線の魅力に俯瞰撮影があります。ファンが知らない撮影地をどんどん開拓することも楽しみの1つでした。 管理人は、撮影地を開拓する先輩諸兄の後追いをするだけでしたが、苦労して登った山の上から「万歳三唱」を叫ぶ喜びは言葉では表せないものがあります。 展示した写真はお馴染みの定番写真ですが、現在は撮影できないポイントもあります。

   大山路S俯瞰 下り列車

      所在地:宮野−仁保 大山路Sカーブ〜18キロポスト付近

大山路Sの俯瞰です。蒸気機関車が視界から消えた後、右を振り向くと下の写真が撮れました
空気が澄んでいれば、山口市内がきれいに見渡すことができますが、この日はガスっていました
昭和57年11月21日


   愛宕山俯瞰 下り列車

      所在地:宮野−仁保 大山路踏切付近から18.7Km付近

昭和62年11月23日

昭和61年11月2日


   花展 下り列車

      所在地:仁保−篠目 木戸山トンネル出口から二反田付近

昭和61年1月3日
「花展」正式には「花園展望台」と呼ばれております。何故「花園展望台」と呼ばれているのでしょうか? お立ち台付近に花が咲き乱れているわけではありません。語源は当時松田聖子のヒット曲「秘密の花園」からきております。 つまり、「この撮影地はヒミツ!」→「(秘密の)花園展望台」が語源と聞きました。


   二反田 下り列車

      所在地:仁保−篠目 二反田付近

左下は二反田の定番と言われていた地点からの撮影    昭和61年11月3日

上の写真は定番地点からさらに上に上った地点から,、上左・上右とも同一地点から アングル及び日レンズを替えての撮影です この日の煙は量・色・形とも良好、お手本のような もくもく爆発のひとつだと思います                昭和62年11月22日

右下は定番地点から篠目方面に行き二反田Sカーブが見下ろせる地点から、通称「二反田S俯瞰」 と言われている写真    平成元年5月4日



   鍋倉展望台(鍋展) 下り列車

      所在地:鍋倉駅進入から鍋倉駅発車、徳佐方面

鍋倉駅進入から発車・力行と見渡すことができます 昭和57年11月21日
カラー写真は、晩秋の山口線(昭和57年)をご覧ください

鍋展の反対側からの俯瞰、高さがないですが俯瞰撮影の分類にいれました
昭和59年9月24日


   津和野お立ち台 上り列車

      所在地:津和野−船平山 丸山公園前後

国道9号線につながる旧道からのお手軽俯瞰です。
昭和63年8月11日

   神田まがり 上り列車

      所在地:津和野−船平山 第2神田トンネル入り口

右の写真は標準レンズで撮影しております。津和野盆地の雰囲気を 狙ってみました。
2枚とも昭和61年3月29日


   神田左はげ 上り列車

      所在地:津和野−船平山 第2神田トンネル入り口

神田まがりとは逆サイドからの俯瞰です。
昭和62年11月22日


   牧が野小俯瞰 上り列車

      所在地:津和野−船平山 牧が野トンネル出口から高峰トンネル手前

新緑の牧が野です。
昭和59年4月30日
真夏の牧が野です。
昭和61年8月15日


   牧が野中俯瞰 上り列車

      所在地:津和野−船平山 牧が野トンネル出口〜高峰トンネル手前

昭和59年9月23日


   牧が野ゼット(Z) 上り列車

      所在地:津和野−船平山 牧が野トンネル出口から白井直線手前


上:昭和57年11月21日 左下:昭和61年1月3日 右下:昭和57年11月21日



     【山口線総合インデックス】      【復活蒸気】トップへ戻る