第一回SL大集合(昭和59年5月)

復活蒸気機関車黎明期は、西の山口 東の大井川と言われておりましたが、西の山口は重連運転や爆煙で人気を集めていたのに対し、 残念ながら大井川には冠がありませんでした。大井川鉄道に相応しいイベントを作ろう! 自らが鉄道愛好家でまたファンに寛大な理解を持って いらっしゃった大井川鐵道(株)白井専務(当時)の呼び掛けに、大井川鉄道応援団であった川根路号車友会が賛同して実現したのが 「SL大集合」です。「SL大集合」は、現在ではSLフェスタの定番行事となりましたが、そのルーツは昭和59年5月20日(日)に実施し た「第一回SL大集合」となります。
当時は、ネットなどの情報発信ツールがなかったため、川根路号車友会や熱心な蒸気機関車愛好家が静かに堪能しました。 記念すべきこの日の動きをモノクロ写真で追ってみました。

1001レ 臨時SL急行 福用−大和田

1001レを牽引してきたC56-44、SL大集合に向けて方転しました 千頭駅

101レ かわね路号 逆向きでの運行となりました 崎平−千頭


第一回SL大集合


1001レ 臨時SL急行 千頭−崎平

102レ かわね路号 上り列車ですが正向きでの運転です 千頭−崎平

C11-227とC56-44が去った千頭駅に戻りました

コッペル1275が49616の隣に入線しました

いずも1も動きだいました、元小田急ロマンスカー(SE車)や千頭駅構内駐車場の車がなつかしい

いずも1がコッペル1275と49616の隣に入線しました

2回目のSL大集合が実現しました



     【大井川鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る