大井川鉄道 さよならバック運転(平成23年)

平成23年10月7日(金)、新金谷駅に待望の転車台が完成しました。転車台が完成すると、上り列車も正向きで運転することが 容易となり、蒸気列車復活以来、35年間慣れ親しんだ逆向き運転は、10月6日(木)をもって終了となりました。
「千頭駅発SL列車!さよならバック運転」企画として、9月17日(土)から10月6日(木)まで、専用のヘッドマークを付けて 走行しました。
また、転車台使用開始に先立ち、大井川鉄道は10月1日からダイヤを改正し、蒸気列車の発・終着駅が新金谷駅となり、金谷−新金谷間の 蒸気列車は、9月30日(金)で終了となりました。
今一度、バック運転と金谷−新金谷間にある大代川橋梁を渡る蒸気列車を見たく、9月19日(月)に訪問しました。

19日は1往復の運転、展望車が連結されるためC5644の次位にED501が入りました 新金谷

また、この日はボンネットバスが新金谷駅に来てました。
このバスについては、 「大井川鉄道SLとレトロ駅舎で駅員体験の旅(平成23年9月)」で紹介しております。


金谷駅に回送654レ 新金谷−金谷

654レ 新金谷−金谷 大代川橋梁

101レ 抜里−川根温泉笹間渡

発車の準備中の1004レ 千頭駅

1004レ 下泉−塩郷



     【大井川鉄道】トップへ戻る