日豊本線のC57

日豊本線は鹿児島本線と比べ電化が遅く、昭和42年に大分(幸崎)電化が完成、 その先宮崎(南宮崎)電化は遅れること7年、昭和49年4月でした。従い日豊本線は 幹線ながらこの時期まで蒸気機関車を見ることができ、ファンにとっては注目の路線でした。
活躍した機関車はD51とC57。線路基盤の関係から南宮崎以南はD51は入線できず、 C57の天下でした。また末期には青森からC61の転属、宮崎以南は吉松区のC55も 入線し話題の多い路線でした。昭和49年4月の宮崎電化で宮崎以南には余剰となった DF50が充当され無煙化が完成しました。


8542レ お召し牽引機C57117 田野−日向沓掛 昭和48年8月6日

581レ C579牽引貨物列車 田野駅到着 昭和48年8月6日

581レ 田野−門石信号所 昭和48年8月6日

1590レ C57151牽引貨物列車 門石信号所−田野 昭和48年8月6日

1523レ C57113牽引旅客列車 青井岳駅発車 昭和48年8月6日

551レ 門石信号所−青井岳 昭和48年8月6日


次へ