真岡鉄道の6月(平成15年)

梅雨時の平成15年6月29日の訪問です。まずはロケハンから開始。沿線は紫陽花から向日葵まで咲いていました。本日はこの2つを 中心に組み立てることとしました。
6001レは第二中館踏み切りの紫陽花。この時期としては煙が出ていました。次の撮影地を求め茂木方面に走ると、七井で白いあやめを発見。 この時期としては煙も○でした。返しは市塙を過ぎたところにハルジオンの群生を発見。この地点は絶気となるところですが、群生の美しさが 捨てられず、煙はすてることとしここに決めました。追っかけは、下館二高前駅を出たすぐのところにある向日葵。案の定絶気でかっとんで 行きました。回送は久下田駅構内のあじさいをと向かいましたが、花は摘まれておりほとんどなし。駅構内の歌壇を入れての構図に変更。 本日の回送は煙なしでした。
この時期、初夏の情景から真夏の風物詩まですべて見ることができました。天気は不安定、6002レを追っかけ中、益子付近は集中豪雨が あったようで道路は冠水していました。しかし、真岡に出ると雨が降った気配はまったくなし。久下田での撮影終了後、帰路下館付近走行中、 バケツをひっくり返したような雨にあいました。撮影中雨に降られなかったのはラッキーでした。
さて、人出は、会津に行っているのか北上線/只見線の疲れか、非常に少なかったです。ほとんど1人での撮影。七井では熟年夫婦をいれ5名、内あやめ狙いは自分をいれ2名。 市塙は3名でした。

   ◆ 6001レ

下館二高前−折本

七井−多田羅


   ◆ 6002レ

市塙−多田羅

下館二高前−下館


   ◆ 6103レ

久下田駅



     【真岡鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る