真岡鐡道 晩夏(平成29年)

東京都心で21日連続で雨が降った平成29年8月、気温も低く海水浴場は閑散とし、40年ぶりの異常な夏となりました。 40年前の連続降雨はしとしと休みなく雨が降ったのに対し、今回はゲリラ豪雨が頻発し降る時はまとまって降ったというのが特徴でした。そのため、 鉄も常に雨を警戒しなければならなく自嘲しておりましたたが、夏も終わりとなる8月26日(土)に足を運びました。
蒸し暑い一日で、午後から天気が回復し晴れ間も見られましたが、案の定、午前中は雨が降り、この夏を特徴するような天気でした。撮影者も少なく、 まったりと撮影することができました。

   ◆ 回6100レ

折本−下館二高前


   ◆ 6001レ

寺内−真岡 稲穂が色付き、まもなく稲刈りが始まります

多田羅−市塙 今年はひまわりが咲いていました


   ◆ 6002レ

茂木−天矢場

益子−北山

真岡−寺内 早くもコスモスが咲き始め秋の気配が感じられます


   ◆ 6103レ


下館二高前−折本(下の一枚は後追い)

折本駅 帰省帰りでしょうか、一組の家族が下車しました



     【真岡鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る