真岡鐡道 GWの情景(平成29年5月5日)

平成29年5月5日(金)に訪問しました。この季節の訪問は4年ぶりでした。昨年、沿線に道の駅が誕生したり、益子の陶器市が開かれていたり、 この4年間で観光スポットが魅力的になりました。さらに、今年のゴールデンウィークは日並びが良く、また天気に恵まれたこともあり、主要道はもちろん、 裏道も渋滞が発生し、予定していた場所での撮影ができなく来年のリベンジとなりましたが、初夏を思わせる真岡鐡道を満喫することができました。

   ◆ 回6100レ

水が張られた田圃 真岡−寺内


   ◆ 6001レ

躑躅を入れて撮影 折本−ひぐち

新緑の中を空転しながら通過 市塙−笹原田


   ◆ 6002レ

名残の菜の花と新緑が美しい 茂木−天矢場

花に彩られた西田井駅を発車


   ◆ 6103レ

芝桜とアヤメをいれて、管理人の影も入りました 寺内−真岡



     【真岡鐡道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る