雪が残る厳寒の芳賀路(平成30年1月)

平成30年1月22日(月)、関東地方に4年ぶりに20cmを超える雪が降りました。その後、日本列島に数10年に一度という寒波が居座り、 関東地方も非常に寒い日が続きました。東京都心では、22日(月)から29日(月)までの8日間連続の冬日が続き、日中の気温も5度前後から上がらない日々が続きました。 22日の雪は、8日後の29日にようやく積雪ゼロとなりました。
雪が残る1月28日(日)に真岡鐵道を訪問しました。予想通り、雪が残っていました。さすがに幹線道路には雪がありませんでしたが、生活道路には凍った雪が残っていました。 日中、気圧の谷が通過した影響で天気は曇り。小雪も舞う寒い一日でしたが、久々に雪原を走る蒸気機関車を堪能することができました。

   ◆ 回6100レ

男体山がくっきりと見えました 折本−下館二高前


   ◆ 6001レ

折本−ひぐち

市塙−笹原田


   ◆ 6002レ

通過時小雪は上がりました 茂木−天矢場

七井−益子

真岡−寺内


   ◆ 6103レ

西の方が明るくなってきました 下館二高前−折本



     【真岡鐵道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る