平成28年 真岡鉄道の冬

平成28年の正月は冬らしい寒さで明けましたが、翌2日からは3月下旬の暖かさとなり暖冬の幕明けとなりました。SLもおか号は1月 9日(土)からの運行が始まり、9日までの2日間は日章旗とヘッドマークを取り付けた恒例の「SL新年号」として運行されました。 私の真岡撮り始めは1月11日(月)成人の日となりました。通常の運転日と思っておりましたが、お年玉付きのサプライズをいただきました。

   ◆ 回6100レ
       C12-66の大宮工場への回送が、回6100レに連結されて行われました。そのため、通常3両の50系客車が2両に 減車となりました。

真岡−寺内

   ◆ 6001レ
       SLもおか号は2両編成で運行されました。

寺内−真岡

市塙−笹原田
   ◆ 6002レ 茂木 → 真岡
茂木−天矢場

西田井−北真岡

   ◆ 6002レ 真岡 → 下館
       真岡から3両編成となり、DE10が後補機として連結されました。

折本−下館二高前

   ◆ 6103レ

下館二高前−折本



     【真岡鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る