初秋の真岡鉄道(平成26年)

平成26年は、夏晴れに恵まれず、局地的な大雨が各地で発生したおかしな夏でした。9月に入ると、関東地方の気温は低く、10月上旬 のような日々が続きました。
9月14日(日)は、待望の秋晴れとなりました。気温もぐんぐん上がり、真岡地方は27℃まで上がりましたが、上空に強い寒気が居座って いたため、朝から入道雲が沸く1日でした。沿線は、稲刈りが始まり、またコスモスも咲き始めておりました。空は夏模様でしたが、季節は 着実に秋にむかっていました。


   ◆ 回6100レ

折本−下館二高前


   ◆ 6001レ

折本−樋口

多田羅−市塙


   ◆ 6002レ

茂木−天矢場

益子−北山 夏雲が沸いています

真岡−寺内


   ◆ 6103レ


寺内−真岡



     【真岡鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る