「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーン DL&SLもおか(令和元年5月)

平成30年4月1日から6月30日まで開催された栃木県の観光デスティネーションキャンペーン「本物の出会い 栃木」のアフターデスティネーションキャンペーンの一環として、 JR東日本と真岡鐵道は、団体専用記念列車「DL&SLもおか」を運転しました。昨年と同じ時刻での運転でしたが、真岡鐵道線内もヘッドマークは付きませんでした。
平成30年の「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンで運転された「DL&SLもおか」は「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン(平成30年4月〜6月)に展示しております。

   ◆ DL&SLもおか

   編成     小山−下館 高崎車両センターDE10-1685+50系客車3両
            下館−茂木 C11-325+50系客車3両
   運転日    令和元年5月18日(土)
   運転区間  9721レ 小山−下館  6001レ 下館−茂木

9721レ 東結城−川島

6001レ 寺内−真岡


6001レ 市塙−笹原田


   ◆ DL&SLもおかの運転により通常のSLもおかは運休

      回6000レはC11-325逆向き単機とでの運転、また茂木からの客車回送は、通常の上り列車のスジで真岡までの回送となりました。

回6000レ 折本駅で列車交換のため小休止

下り列車と交換 折本駅

回6000レ 折本駅発車

回6002レ 茂木−天矢場

回6002レ 益子−北山



     【真岡鐵道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る      【JR/国鉄線】トップへ戻る