群馬デスティネーションキャンペーン(平成23年)

群馬デスティネーションキャンペーンが、平成23年7月1日から始まりました。デスティネーションキャンペーンは、JRグループ6社と 地域(地方公共団体や県民・企業等)が一体となって取り組む大型観光キャンペーンで、今回はJRの目玉の1つとしてC6120号機の 復活運転が挙げられます。
C6120は、平成23年6月4日(土)から営業運転が始まりました。今回のデスティネーションキャンペーンでは、C6120の他、 JR東日本のD51498やC57180、C58363が参加する大イベントとなります。
キャンペーン初日の1日(金)には、C6120牽引の、団体列車が走り、翌2日(土)から大々的なイベントが始まりました。



SLググっとぐんまみなかみ号

   運転日:平成23年7月2日(土)
   牽引機:C6120+C57180+12系6両(ばんえつ物語号用客車)
   運転区間:高崎−水上 1日1往復

C6120とC57180の重連でスタートしました。ばん物客車も登場することもあり、沿線にも多くのファンが集まりました。 管理人が知る中では、上越線最大の人出と思われます。

9737レ 後閑−上牧

9738レ 水上−上牧

9738レ 上牧駅通過

9738レ 上牧−後閑

9738レ 渋川−八木原

9738レ 渋川−八木原

   ◆ 水上にて

本列車用のヘッドマークが用意されました

C6120とC57180のサイドビュー

C6120とC57180のコラボレーション



     【復活蒸気】トップへ戻る