D51498 山線仕様となって登場

平成22年4月29日、D51498は山線仕様に変貌し信越本線に登場しました。これは、平成22年5月からの 中央本線でもトンネルが多い甲府−小淵沢間での運転に備え、その対策とのことです。具体的には、長野工場式に準じた 集煙装置の取り付けと、切取式デフレクターへの変更です。切取式デフレクターは一般的に門デフと呼ばれておりますが、 今回のデフはD51499で名高い後藤工場式デフに似たタイプとなっております。
D51499を見たことなない自分は、ぜひ一度はと思い立ち、5月1日〜5日にホームグランド上越線で運行された、 「SLみなかみ」号の撮影に行ってきました。訪問日は5月4日です。初めて見る雄姿にちょっと違和感は感じましたが、 これが後藤工場式デフなのかと現役時代の若かりし時代を顧みることができました。

9735レ 後閑−上牧

9736レ 渋川−八木原

9736レ 渋川−八木原


見学スペースに屋根つきの休憩所ができました



新緑の香りの中、午後の運転に備え一時の休息時間




     【復活蒸気】トップへ戻る