89.3.11 ダイヤ改正号

昭和63年12月23日、当時来車中のオリエント急行の最終運行でEF5861を次位に従えて衝撃的デビューをしたD51498、 その次の運行は翌年平成元年3月11日、ホームグランド上越線での運行となりました。客車は旧客6両で、列車名も「奥利根号」ではなく、 「ダイヤ改正記念号」として、高崎−水上間を牽引しました。
今回の運転はD51498単独運転として事実上のデビューでした。また上野−高崎間はEF551とEF5889というこれまた豪華な 組み合わせでの運転でした。

  ◆下り 9733レ

津久田−岩本


  ◆上り 9738レ

水上−上牧


  ◆高崎運転所にて

夕闇せまる高崎運転所(一般公開時に撮影)



     【復活蒸気】トップへ戻る