豊肥本線 あそBOY

国鉄分割民営化後、JR九州でも蒸気機関車が復活しました。復活した機関車は、大正時代を代表する旅客用8620形の 58654号機で、昭和63年8月28日から豊肥本線の熊本−宮地駅間で運行が始まりました。
あそBOYは、ウエスタン風に改造した50系客車3両を牽引し、毎年3月から11月の週末を中心に運行しておりました。しかし、大正の 名機は老朽化が進んでおり、平成17年の運転開始直前試運転時に軸受の異常発熱が発生しました。その修理のため、あそBOYはDE10の 牽引となりました。5月から、DE10後補で運行に戻りましたが、軸受異常発熱の原因が、台枠の亀裂による歪みであったことから、修復 不能と判断され、8月28日をもってSLあそBOYの運転は休止となりました。
なお、58654号機は、小倉工場で奇跡の復活をとげ、平成21年4月25日から、熊本−人吉間でSL人吉として活躍しております。

   ◆ 下り8711レ 熊本 → 宮地

立野のスイッチバックを行く 立野−赤水 平成3年12月31日

立野−赤水 平成3年12月31日

阿蘇−いこいの村 平成2年1月4日


   ◆ 上り8712レ 宮地 → 熊本

阿蘇−内牧 平成4年4月7日

阿蘇山バック 阿蘇−内牧 平成3年12月31日

大雨の中、赤水発車 赤水−立野 平成4年12月28日

赤水−立野 平成4年12月28日

三里木−武蔵塚 平成4年4月7日



     【復活蒸気】トップへ戻る