SL北びわこ号 秋の嵐の中を走る(平成24年)

SL北びわこ号は、滋賀県湖北地域の観光振興と蒸気機関車の動態保存運転を目的に、平成7年8月19日から、北陸本線の米原−木ノ本間 で運転されております。運転日は不定期ですが、2月・5月・11月の日曜日を中心にに運転されることが多いようです。牽引機は 梅小路機関区のC56160で、12系客車5両を牽引しております。稀にC571が牽引することもあります。
SL北びわこ号が走る北陸本線米原口へは、東京からだと東海道新幹線で、約2時間30分の距離であり、比較的行きやすい環境です。しかし、 今まで訪問する縁がありませんでしたが、平成24年11月11日に電撃訪問をしました。残念ながら、強風と横殴りの雨に見舞われた 一日でしたが、紅葉は見頃を迎えておりました。。

9241レ SL北びわこ1号 河本−高月

9243レ SL北びわこ3号 長浜−虎姫

回9242レ 河本−虎姫

回9244レ 木ノ本−高月


   ◆ 木ノ本駅にて

      SL北びわこ3号が到着し、米原への回送待ちの列車を撮影しました。

C56160は人気者です

木ノ本駅には約1時間停車、回送列車として出発時間が近づき、ようやく静粛が戻りました

優等列車との出会い 左:しらさぎ60号 右:近江塩津行新快速3242M
山々は色付き始めました
回9244レは、下関総合車両所のEF65が牽引します



     【復活蒸気】トップへ戻る