高崎鉄道管理局 八高線さようなら列車

   運転日:昭和45年9月27日(日)
   牽引機:D51631+C58309(高崎第一機関区)+旧客6両
        復路はC58309が先頭
   運転区間:高崎 − 高麗川

首都圏近郊で気軽に重連が楽しめた蒸機のメッカ八高線もいよいよ無煙化の時が来ました。 昭和45年10月の改正前の9月27日、高崎鉄道管理局内でさよなら列車が走りました。
自分にとって八高線は最初に蒸機撮影をしたところで、それは感慨深いものでした。当初は 客車5両での計画でしたが、ファンの多さから6両に増車され、C58309との重連運転 となりました。当時まだ中学2年生、オリンパスペンを片手に往路は乗り鉄、復路は最後の勇姿を 見届けることができました。画像は非常に悪いですがお楽しみ下さい。


   ◆ 高崎第一機関区

機関区では蒸気機関車の展示会が開催されました。

D51507とD51259
D51259にはお別れの 装飾が飾り付けられておりました

八高線のもうひとつの主役C58 C58311

足尾線のC12も展示されておりました C1241

   ◆ 八高線さようなら列車

高崎駅は興奮の坩堝、さよなら列車もデッキまで人であふれ 大混雑でした

途中駅でのスナップ、停車毎に撮影しましたが駅名不詳

高麗川に到着、復路はC58309が先頭に立ちます

高麗川−毛呂


高麗川駅に戻ると、煙はなく新しい主役のDD51がやたら 目立ちました。煙の消えた寂しさとDD51への憎らしい思いが交錯しました。当時は目の敵に していたDD51も、平成になると鉄道ファンの人気の主役となったのは皮肉なものです。



     【現役蒸気】トップへ戻る