秩父鉄道に春の息吹を求めて(平成25年)

平成25年の東京は、桜の開花が早く、4月6日から7日にかけて襲った爆弾低気圧でソメイヨシノは散ってしまいました。当初、 4月13日(土)と14日(日)にSLさくら号のヘッドマークを掲出する予定でしたが、6日(土)と7日(日)に変更となりました。
13日(土)に春の息吹を求めて秩父鉄道を訪問しました。天気は快晴、秩父地方の最高気温は17.5℃で白煙が楽しめました。訪問者も 行楽客も少なくゆっくり撮影することができました。

5001レ 永田−小前田 見事な菜の花畑

5001レ 波久礼−樋口 山桜と新緑が同時にやってきました

5001レ 和銅黒谷駅通過

5001レ 武州日野−白久 煙はありませんが桃の花が見頃でした

5002レ 武州中川駅発車 しだれ桜が見頃でした

5002レ 親鼻−上長瀞 新緑が始まった荒川橋梁

5002レ 武川−明戸 レンゲも咲きだしました



     【復活蒸気】トップへ戻る