秩父鉄道 桜の季節(平成26年)

平成26年の東京は、桜の開花はほぼ平年並みでしたが、3月29日に気温が急上昇し、一気に満開から散り始めになってしまいました。 秩父鉄道沿線も同様で、4月5日(土)〜6日(日)に見頃となりました。翌週は、熊谷近郊は葉桜でしたが、長瀞から奥は、まだ見頃でした。 4月12日(土)に桜を求めて秩父鉄道を訪問しました。SLさくら号のヘッドマークは、5日(土)と6日(日)のみで、ヘッドマークなし の汽車を楽しむことができました。

朝の広瀬河原 先日引退した1000系といっしょに撮影

5001レ 永田−小前田 しだれ桜を絡めて

5001レ 上長瀞−親鼻

5001レ 武州日野駅通過

5002レ 浦山口駅通過

5002レ 親鼻−上長瀞 5001レと同じ場所です

5002レ 明戸−広瀬河原 最後は桃とレンゲとの組み合わせでした



     【復活蒸気】トップへ戻る