秩父鉄道 C58363 K‐9タイプ門デフ再び(平成25年7月)

後藤デフの装着が終了し、7月の前半は、K‐9タイプ門デフC58363です。平成22年10月以来の装着となりました。また、 ナンバープレートは、赤色の形式なしナンバープレートで、K‐9タイプ門デフとは初の組み合わせとなりました。
7月13日(土)に訪問しました。一週間前に梅雨明けした秩父地方ですが、この日は、梅雨に戻ったような蒸し暑い小雨の降る1日でした。

5001レ 大麻生−明戸 いつものお立ち台からです

5001レ 波久礼−樋口

5001レ 和銅黒谷−大野原

5001レ 武州中川−武州日野 安谷川橋梁

5002レ 武州中川−浦山口

5002レ 親鼻−上長瀞 荒川橋梁

5002レ 明戸−大麻生


   ◆ 広瀬川原

運行終了後の広瀬河原で明日の準備をするC58363です。K‐9タイプ門デフを二たび撮影しました。


K‐9タイプ門デフ

転車台に向かい出発



     【復活蒸気】トップへ戻る