2.C577による鉄道100年記念列車

   運転日:昭和47年10月14日(土)・15日(日)
   牽引機:C577(紀伊田辺機関区より借用)
   運転区間:汐留−高島

この年は鉄道100年、全国各地で記念蒸気列車が走りました。
関東地区でも9月に水郡線での8620を皮切りにスタート、八高線ではあのD51498が 走りました。その中でももっとも注目を浴びたのはここでした。なにしろ明治5年の開業区間を走ると いう事、東京都内を走るということ、鉄道ファンはもとより一般市民からも高い関心を集めました。

まずは横浜機関区へ。C577が転車台に乗っていました。
昭和47年10月14日

高島出発! 昭和47年10月14日

写真左:C577のねぐらは横浜機関区、この日の運転を終え横浜機関区に 戻ってきたC577
                      昭和47年10月14日
写真右:翌日は汐留への回送から始まった。品川付近にて
                      昭和47年10月15日

鶴見川手前(川崎より)にて、オーバークロスしている線路は品鶴線。 当時は品鶴線の線路づたいにぞろぞろ歩いてこの撮影地に行きました。とても信じられない 時代でした。
車内からは体を乗り出して手を振る乗客がほとんどでした。
                   昭和45年10月15日 川崎−横浜(鶴見川付近)



           【現役蒸気】トップへ戻る