東北100年号(昭和62年)

   運転日:昭和62年7月18日(土)〜8月2日(日)、 9月12日(土)〜9月23日(水)
   牽引機:C56160+12系6両
   運転区間:仙台−陸前山王−仙台港−東北博覧会前 1日2往復

昭和62年7月〜9月、「東北新時代の夜明け」をテーマに「東北博 '87」が 開催されました。博覧会は仙台港近くのため、仙台臨海鉄道をアクセス輸送に使用し、 会場前には仮設駅を設置が設置されました。会場までの列車はキハ40系等による 「未来号」が運転されましたが、その一部にC56160が登場しました。
昭和62年は東北本線及び仙台駅開業100周年を迎えたことより、列車は 「東北100年号」と名付けられました。運転日数も述べ28日間と今までのイベントの 常識を破る日数となりました。

  ◆東北本線上を走る

東仙台−岩切 昭和62年7月30日

陸前山王駅で「未来号」との交換を待つ 昭和62年7月31日

発車の時は煙を上げておりました、運良く東北本線の上り455系が入線 昭和62年7月31日

完全なスカとなってしまいました 昭和62年7月31日

  ◆仙台臨海鉄道線内を走る

陸前山王−仙台港 左:昭和62年7月29日 右:昭和62年7月30日

ようやく煙が拝めました 陸前山王−仙台港 昭和62年8月1日

帰りはバック運転です 仙台港−陸前山王 左:昭和62年7月29日 右:昭和62年7月30日

仙台港発車 昭和62年7月30日

次へ