大井川鉄道昭和57年8月

昭和57年8月2日、台風10号が東海地方に大きな被害をもたらしました。東海道線は下り富士川橋梁が流出、陸の大動脈が 寸断されました。大井川鉄道も被害を被り、下泉−駿河徳山間が不通となりました。すぐには復旧できなかったため、列車は下泉、 及び駿河徳山間で折返し運転となり下泉−駿河徳山間はバスによる代行運転がしばらく 続きました。
大井川鉄道の看板列車「かわね路号」も金谷−下泉間の運転となりました。
これがファンにとってはすばらしいプレゼントとなりました。下泉駅構内に蒸気列車の待機スペースがなかったので、一旦家山駅に回送する というスジがひかれました。一日2往復の日は地名駅で蒸気列車同士の交換が実現しました。災害にも負けず懸命に地元客・旅行客の足を 確保するという姿勢の大井川鉄道には頭の下がる思いで8月7日、8日の両日訪問しました。

1.不通区間を走る代行バス
  代行バスは自社のバスを使っていました。当時「オバQ」と呼ばれた懐かしい名車 (真ん中写真左)も活躍しました。

「オバQ」についてもう少し見たい方はこちらをクリックしてください。

2.家山−下泉間の回送列車
  乗客が誰も乗っていない回送列車です。

昭和57年8月7日 抜里−笹間渡

昭和57年8月8日 笹間渡−地名

家山駅に回送される川根路号との交換を待つC5644、C56は1002レとして下泉駅に回送途中です
昭和57年8月8日 地名駅にて
上:駅で憩うC5644 中:家山駅に回送される川根路号との交換
下:C5644下泉に向け地名駅出発

3.101レ・102レは?
  金谷−下泉間は何事もなかったようにいつもの元気な姿でがんばっていました。

昭和57年8月7日101レ 福用−大和田 福用お立ち台

昭和57年8月8日1001レ 抜里−笹間渡

昭和57年8月8日101レ 抜里−笹間渡

  8月8日はさらにビックなプレゼントがありました。午後から激しい雷雨に見舞われ 大井川鉄道は停電し電車はストップ。しかし蒸気列車「川根路号」は運転可能。 そこで大井川鉄道は川根路号を無料開放し便宜を図りました。私も川根路号に乗車して帰宅の途に つきました。大井川鉄道の乗客第一主義には感激しました。

昭和57年8月8日 金谷駅に到着した川根路号


     【大井川鉄道】トップへ戻る      【復活蒸気】トップへ戻る