南国で甦ったC61

九州のハドソン機と言えば鹿児島本線が上げられると思います。その鹿児島本線も 昭和45年9月に電化完成しハドソン機は九州から消え去りました。
ところがその一年後、昭和46年10月のダイヤ改正で奥羽本線が電化され青森区で活躍していた C61が何と宮崎機関区に転入してきました。日豊本線は長い間C55の天下で当時はC57が 主力機でした。こうして日豊本線初のハドソン機C61が登場しました。 しかしC61は軸重が重くその活躍の場は南宮崎以北と限られておりました。

昭和48年8月5日 川南−高鍋 小丸川橋梁

昭和48年8月5日 南宮崎−宮崎 大淀川橋梁

昭和48年8月5日 高鍋駅にて 日豊本線では貨物列車の先頭にもたちました

昭和48年8月5日 宮崎機関区にて



     【現役蒸気】トップへ戻る