直方機関区

筑豊本線直方駅に隣接していた直方機関区には、筑豊本線を始めとする筑豊炭田地域各線で運用される機関車が配属されており、 また若松機関区等の機関車も駐泊しておりました。直方駅構内は、機関車の汽笛と煙で活気に満ちておりましたが、昭和48年10月に 筑豊本線の無煙化により、蒸気機関車の配置はなくなり、DD51やDE10型等のディーゼル機関車基地に生まれ変わりました。 しかし、合理化や国鉄民営化等にり、直方機関区は衰退し、平成7年4月20日に門司機関区に統合され廃止となりました。
筑豊本線無煙化一年前となる、昭和47年8月に直方機関区を撮影しました。

梅小路蒸気機関車館入り間近のD50140 昭和47年8月9日

D50改造のD60 上:昭和47年8月10日 下:昭和47年8月9日

石炭列車の主力は、9600 直方駅に到着 昭和47年8月9日

79635は直方機関区の所属でした 昭和47年8月9日

この当時、D60は急速に台数を減らし、直方機関区の蒸気機関車は9600が最大勢力となりました 昭和47年8月9日

9600は直方駅構内の入換え作業にも従事しておりました 昭和47年8月9日


次へ