筑豊本線 折尾駅

筑豊本線、雑誌等での紹介記事を読むとここは蒸気天国。旅客列車はC55が、貨物列車は D50・D60が牽引する線、冷水峠では急行「天草」の後補にD60が頑張っている線。 線名には本線がつきますが、まさに蒸気のパラダイス、憧れの線区でした。
それから数年後の昭和47年8月初めての九州撮影旅行でここ筑豊本線を訪問することができました。 しかしこの時期になると、既に若松区にパシフィック機の姿はなく、直方区にもD51が幅を きかせておりましたが、D60は健在でした。。はじめて見たD60は汽笛・その風貌には感激、 おまけにこの年の10月に梅小路機関区に動態保存が決まっていたD50140も復活し 堪能することができました。
昭和47年8月9日、東京駅から急行高千穂に乗車し初めて九州の地に降り立ったのはこの折尾駅 でした。洗面所で眠気を覚まし、筑豊本線のホームに下りると、D51牽引の客車列車が入線して きました。

若松行 722レ D51225

原田行 723レ D51542



     【現役蒸気】トップへ戻る