秩父鉄道 動輪マークの後藤デフ(平成25年)

平成21年11月8日に、秩父鉄道は創立110周年を記念しC58363を門デフ仕様に変更した大きなサプライズが話題を呼びました。 また、翌年の平成22年10月には、C58112号機に取り付けられていたK‐9タイプの門デフが換装されました。
そして、3度目のサプライズが、平成25年5月18日(土)に開催された「2013わくわく鉄道フェスタ−」で、後藤デフが 換装されました。この時は、デフにJNRマークが付き、石北本線で活躍したC5833を彷彿させ、当時を知るファンを中心に絶大なる人気 を博しました。
そして、平成25年10月12日から、再び後藤デフが換装されました。今回は、デフの中央に「動輪」マークが取付けられました。これは、 C58385が、米子機関区配属時代を再現したものです。
動輪マークと聞いた時、C58385の米子機関区時代は伝説の世界のため、思い浮かんだイメージは、昭和46年4月21日に伯備線で 運転されたD51838牽引のお召し列車でした(これも、雑誌の写真でしか見たことはありませんが…)。今回は、このイメージと大きく 異なり、新鮮な眼で見ることができました。

        
5001レ 武川−永田 平成25年10月19日

5001レ 武川駅発車 平成25年10月19日

5001レ 和銅黒谷−大野原 平成25年10月19日

5001レ 武州中川−武州日野 安谷川橋梁 平成25年10月19日

5001レ 武州日野−白久 平成25年10月12日

5002レ 白久−武州日野 平成25年10月19日

5002レ 武州中川−浦山口 平成25年10月12日

5002レ 親鼻−上長瀞 荒川橋梁 平成25年10月12日

5002レ 親鼻−上長瀞 荒川橋梁 平成25年10月19日

5002レ 小前田−永田 平成25年10月12日

5002レ 永田−武川 平成25年10月19日


次へ